ねずみ対策には各種の手法があります

subpage1

高度に文明が発達した現代でも、ねずみに悩まされている家は少なくありません。

料理のために用意した肉や野菜を食べたり、衣服や家具をかじったり、中には、電気配線をかじって漏電を起こしたり、単なるいたずらでは済まない重大な被害をもたらしているケースもあります。
そもそも、ねずみの前歯は終生伸び続ける性質を持っていますので、常に硬いものをかじることによって前歯を削るという行為を余儀なくされているのです。


硬いものをかじらないままでいると、前歯が伸び過ぎて口をふさいでしまい、食べ物を摂取することができなくなるのです。

鋭い観点から朝日新聞デジタルに関連する情報や口コミを扱っているサイトです。

ねずみにはそういった習性がありますので、ねずみ対策をしないことには、多くのものがかじられて台無しになってしまいます。

ねずみを減らすためには、エサになるようなものを与えない、住む場所を与えない、通路をふさぐなといったことが必要となります。



具体的なねずみ対策としては、スプレーやくん煙剤などの忌避剤が有効です。


ねずみが嫌がる匂いや成分でもって追い払うという手法です。
ただ、忌避剤の使用で一時的な効果が見られた場合でも、ねずみは学習いたしますので、何回か繰り返して忌避剤を使うことが望ましいです。


また、超音波や電磁波で追い払うというねずみ対策もあります。
これは、超音波や電磁波を発することで、ねずみに不快感をもたらすスペースを作り、ほかの場所へと追いやっていくものです。ただ、ねずみにストレスを与える環境を作っていくというやり方ですので、設置して直ちにねずみを駆除できるものではありません。

時間を要するねずみ対策であると言えましょう。

鼠の駆除の様々な情報を掲載しています。