農家が行っているねずみ対策の方法3つ

subpage1

田んぼの周辺に彼岸花が咲いているのを1度は見たことがあるはずです。



彼岸花は稲が実る時期になると咲くのが特徴ですが、実はねずみ対策にもなっています。
彼岸花の茎の部分には、ねずみにとって毒になる物質が含まれています。

そのため、少しでも咬みつくと体調が悪くなるので、彼岸花は稲を守ってくれています。

1度植えると毎年同じ位置に再び生えるため、繁殖させる手間がかからないのも魅力です。

農家はねずみ対策として、大きい鉄のカゴのような罠を保管していることがあります。


使い方は、ねずみが発生した農地などへ罠を設置して、その罠の中へ香りの強いチーズなどを入れてしばらく放置します。

快適な暮らしを実現するための毎日新聞をしたいと言う願いにお答えするサイトです。

罠に人が近づくとねずみが気配を察知して逃げてしまうので、変化があるまで罠に寄らないのが捕獲のコツです。

ねずみ退治の方法の情報をお届けします。

数日ほどするとねずみが罠にかかるので、罠にかかったねずみを粘着型シートの上に落とします。

シートを折り畳んで、市の燃えるゴミ袋に入れれば処分完了となります。大きいねずみが捕獲できた場合は、手慣れている人に処分をしてもらい、畑の隅のほうに穴を掘り埋葬します。
農家の所有している倉庫にはねずみ対策として、ねずみ返しが仕掛けられていることがあります。

ねずみが倉庫に上ろうとすると、上に通じる部分の途中が丸くなっているため、上にいけなくなっています。

ねずみが倉庫に入ろうとしても不可能なのがねずみ返しの特徴です。

また、ねずみ返しの下に粘着型のねずみ捕りを仕掛けると、高確率で罠にかかるので一石二鳥です。