ネズミの特徴を知り駆除しよう

subpage1

ネズミは、夜、活発に行動します。



また、ネズミが通過する場合、尿をしていくことがあり、その臭いなども住宅内の場合には、人に対して不快な思いをさせることもあるでしょう。

その他にもねずみはそれなりに警戒心が強い部分もあり、音にも敏感に反応するため、人の気配などがある場合、また物音に反応して逃げ出す場合もあります。
ですが、ネズミの種類によっては、気性のはげしいタイプもいるため、人間に噛み付くこともあるでしょう。

さまざまな被害をもたらす可能性があるため、できるだけ早く駆除をすることが大切です。

Reutersの信頼できる情報を得るために調査した結果をまとめたサイトです。

また、退治できないとしても、自宅などからは追い出せるように、また再度侵入させないように対策をすることも大切です。

自分で駆除をしたいと考えるならば、市販されている駆除用の罠や毒入りのエサ、その他にも忌避剤などで対策をしていきましょう。

罠なども、ネズミが通りそうな場所、また、ネズミを目撃した周辺に仕掛けておくと、そこをまた通る可能性もあります。
罠や毒エサなどで駆除できる場合には、問題ありませんが、こちらが仕掛けた罠にひっかからない場合には、専門の業者に頼んで退治してもらうのもいいでしょう。


ある程度費用は覚悟する必要がありますが。



専門家による退治になるので、早い段階での駆除が期待できます。
また、退治されても再び別のものが侵入してくる可能性もあるため、予防策として、忌避剤などをまいたり、侵入してきそうな場所は塞いだり対策をしておくといいでしょう。